ドライフルーツに関わらず、一般に流通している食料品には、さまざまな食品添加物が使用されていることを「ドライフルーツと添加物(その1)(その2)」でお話ししてきました。また、これらの添加物は、私たちが食品を購入するにあたり、見た目を良くするためのものだけではなく、食品保存や製造上の理由から必要なものもあり、一概に体に悪い物質であるとも言えない物質でもあります。しかし、大量に摂取することは危険ですので、日本では厚生労働省が管理してその基準・規格を設けて、日本の食品の安全をチェックしています。

ドライフルーツは、最近ではオーガニック商品や無添加・農薬という表現で安全だろうと思われる商品が多くありますが、オーガニック、無添加、無農薬と書かれているから安心してしまうのではなく、分類の意味をしっかり理解をして自分で安心できるものを探すことが、私たちが出来る安全な食選びです。そして、添加物が入っているから危険という認識ではなく、添加物が入っていることがわかったら、それをどのようにして取り除けるかを考えてみるのも、安全な食べ物を手に入れる近道にもなりますので、ここでご紹介したいと思います!

「オーガニックドライフルーツとは?」の続きを読む…

ドライフルーツは、健康食品として人気があります。そして、ドライフルーツをはじめとする、多くの健康食品がそうであるように、無農薬、無添加、自然、オーガニック食品と宣伝されている商品が多くあるため、食品添加物は体に良くないものとして考られているのが現実です。しかし、ほとんどの食品には、天然添加物を含んだ食品添加物が含まれているのが一般的で、ドライフルーツなどの加工食品はもちろんのこと、それ以外の食品でも添加物ゼロのものを探すのは現代社会においてとても難しいことだといえます。

今回は、ドライフルーツに含まれる食品添加物だけではなく、どんな添加物が、何のために使用されているのか詳しく見ていきたいと思います。

「ドライフルーツと添加物(その1)」の続きを読む…

前回、ドライフルーツには食品添加物として、漂白剤、保存料、酸化防止剤、甘味料などが使用されていることが考えられるというお話をしましたが、今回は、具体的なドライフルーツに使用される添加物の記載名と用途名について一緒に勉強していきましょう。

「ドライフルーツと添加物(その2)」の続きを読む…