ドライフルーツ、自宅で作っちゃう?(作り方その2)

前回に引き続き、「ドライフルーツ、自宅で作っちゃう?」方法をご紹介しまーす!!

前回(ドライフルーツ、自宅で作っちゃう?(その1))は、天日干しとオーブンを利用する方法をご紹介しました。

 

今回は、まず…こちらから!

 

スポンサーリンク



♫ オーブンよりエコ?電子レンジ利用法 ♫

用意するもの:お好きなフルーツ、クッキングペーパー

作り方

  1. お好きなフルーツを3−5mmの厚さにスライスします。
  2. 水気をしっかり切り、クッキングペーパーをしいた耐熱皿に並べます。
  3. フルーツの種類、厚さによって加熱時間が変わりますが、バナナなら30秒毎、トマトなら5分程度加熱して、いったん取り出し、加熱してでてきた水気を取り除き、再度、同時間レンジにかけてフルーツの水分をとばします。お好みの固さになったら、風通しの良いところで冷まします。

 

そして、こんな便利なアイテムまで見つけましたよー!

その名も 「ドライフルーツメーカー」です!!

外国から輸入して販売しているサイトもあるようで、「食物乾燥機」または「デハイドレーター」という商品名をインターネットで検索すれば、数多くの商品が見つかります!

ドライフルーツメーカーをつかってドライフルーツを作るのは、とってもとーっても簡単!!

お好きなフルーツをよく洗って、スライスして、専用トレイに入れてスイッチオン!…そのまま数時間後には、お手製ドライフルーツ完成!

 

では、ここで、ドライフルーツメーカー/食物乾燥機/デハイドレーターの詳細をご紹介しまーす。

購入をご検討される際の、参考にしていただければと思います!

 

♠ ドライフルーツメーカー/食物乾燥機 ♠

  • 中国製、台湾製
  • 価格:3000円〜11,000円
  • 温度調節あり35〜70℃前後(ダイヤル式の場合は正確でないものもあり)/ 温度調節なしの商品もあり
  • タイマー付き、タイマーなし(タイマーがない場合は同ページでタイマーも紹介)
  • 電源AC100v(50/60Hz)
  • 消費電力:245W〜
  • 本体サイズ:(幅×奥行き×高さ)=(30cm前後×30cm前後×25cm前後)
  • 本体重量:2.5kg〜4kg程度
  • 素材・材質:プラスチック製のものがほとんど(ABS樹脂・ポリプロピレン)
  • マニュアル、保証書(1〜2年間)、専用レシピ本
  • 多くのデザインは白い円柱型
  • 中のトレイが4段のものが多い(トレイ別売りあり)
  • コードの長さ1.2m〜

上記のものは、比較的軽量サイズのもので、中国製、台湾製が主流です。カスタマーレビューについては良い評価が多い中、しっかり乾燥できないといった意見もあります。また、機種によってはフルーツのみの乾燥は可能、でも肉類(ジャーキー)には向いていないという注意書きがあるものがあります。

 ♣ デハイドレーター ♣

  • アメリカ製品(ウェブサイトが輸入品として販売・アメリカのショッピングサイトで購入すれば個人輸入も多くの場合可能)
  • 価格:12,000円前後〜 55,000円前後
  • 温度調節あり30℃〜68℃内の範囲でデジタル式は1℃単位で調節可能(℃の表示ではなく°Fの場合は別途早見表などのサービスあり)/
  • タイマー付き(最大98時間までのタイマー付きもあり/タイマーなし
  • 電源:100Vまたは220V(50/60Hz)
  • 消費電力:500W〜
  • 本体サイズ:(幅×奥行き×高さ)=(30cm前後×40cm前後×50cm前後)
  • 本体重量:4kg〜9kg程度(発送重量を含めば11kg以上)
  • 素材・材質: プラスチック製(ABS樹脂・ポリプロピレン)もあるが、ステンレス製もあり
  • マニュアル、保証書(1〜5年間)、専用レシピ本など全ての付属冊子については、英語版のみ/または日本語訳あり)
  • 多くのデザインは四角いボックス型
  • 中のトレイは4段、5段または9段

こちらは、大型のものを探してみました。アメリカ製が主流で、日本のウェブサイトでもアメリカからの輸入販売ですので、注文してから届くまでの日数がかかるという問題があります。また、商品によってはプラグの差し込み口が違うもの、日本の電圧に対応していないものなどの問題もあります。また、日本の家庭用に合うようにサイズが調整されたものもあるようですが、中国、台湾製のものより大きくて重量があるものです。値段もこちらのアメリカ製の方が高くなっていますが、全てのフルーツ・キノコ類・肉類にも対応していて、保証書もついているものがほとんどです。また、機種によっては日本の正規代理店が購入後のカスタマーケアーもしてくれるというものもあります。

 

いかがでしたか?

自宅で作っちゃうドライフルーツ(その1)(その2)のご紹介した中に、チャレンジしてみたい方法はありましたか?

ドライフルーツ、自宅で作っちゃう?(作り方その1)の記事へ

ぜひぜひ、を作って、安心でおいしいドライフルーツを楽しんでください!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク


記事一覧