ローフードとドライフルーツ(その3)

 

今回は、まずローフードとドライフルーツ(その2)でご紹介しきれなかった、週末限定ローフードダイエットの方法からご紹介いたします!!

 

 

スポンサーリンク



 

週末限定として…

  1. 金曜日の夜
  2. 土曜日の朝
  3. 土曜日の昼
  4. 土曜日の夜
  5. 日曜日の朝
  6. 日曜日の昼
  7. 日曜日の夜

計7回の食事を、野菜・果物中心の食事にしてみてください。まずは金曜日の夜から日曜日の夜の週末限定で試してみて、続けられそうであれば、1週間から10日間続けて、さらなる体質改善をしてみてください!!

以下に、毎回の食事で食べるサラダ例を示します。ローフードは加熱調理をしないのが原則ですが、ローフード食材にこだわるのではなく、ローフードと加熱したものを組み合わせてバランスの良い、満足できる食事で、食物酵素の摂取を維持することが大切です!!

 

 

♣ 夕食例:サラダ中心の食事

ローフードの定義に従って、生野菜サラダにこだわると、身体を冷やしてしまうことも考えられます。その場合は、茹でたり蒸したりした野菜をミックスしたサラダを食べましょう。

  • 茹でたホウレンソウ、キノコ類を使ったサラダ
  • 茹でたニンジン、レタス、シソなどを入れて、海苔で巻いた海苔巻きサラダ
  • 茹でたもやしを使ったり、豆腐を入れた中華サラダ
  • スープ+サラダでもOK

 

♥ 朝食例:果物や野菜で作ったフレッシュジュースがおススメです。

  • 便秘解消ジュース:パイナップル、バナナ、セロリ、ハチミツ、水
  • 代謝アップジュース:グレープフルーツ、パイナップル、ショウガ、ハチミツ、水
  • 野菜と甘みの強いドライフルーツを組み合わせたミックスジュースも飲みやすくておススメです。

 

♦ 昼食例:昼食の中心もサラダです!ドレッシングは市販のものでもいいですが、保存料や塩分が高いものは避けましょう。オリーブオイルやバルサミコ酢、塩、ブラックペッパー、レモン汁、セサミオイルなどでオリジナルのドレッシングで味を付ければ、さらにヘルシーに。また、ショウガやニンニクなどパンチの効いたドレッシングをかければ、大満足な味付けにもなりますよ!

  • 納豆、豆腐と野菜を組み合わせてボリューム満点のサラダ
  • ワカメ、豆腐、ショウガでパンチの効いたサラダ
  • キノコと海藻、大根の和風サラダ
  • 納豆とオクラ、山芋でネバネバサラダ

 

 

1週間以上続けるとなると、毎回サラダだけでは飽きてしまいますよね。

たまには、おやつを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ドライフルーツやナッツを使ったレシピご紹介しまーす!!

 

小麦粉、卵、バターなどを使わず、加熱なしのローフードおやつです。

♫ 手作りドライフルーツ&ナッツバー ♫

材料:

  • ドライいちじく、種抜きノンオイルコーティングプルーン、レーズンなどのドライフルーツ(ドライフルーツの固さや味でアレンジしてください)
  • 細かく砕いたクルミ、アーモンドなどのナッツ類
  • ハチミツ

作り方:

  1. 種があるドライフルーツを使う場合は種や枝を取り除き、レーズン以外をフードプロセッサーにかけます。(固いドライフルーツの場合は、フードプロセッサーに入れる前に細かくカットするなどの工夫が必要です)
  2. 1にハチミツを入れて、固さを調節します。(クッキー生地のようにまとめてカットできる固さになるように調節します)
  3. クルミなどのナッツ類、レーズンを入れ、ざっくりと混ぜ込みます。
  4. 全てをまとめて、ビーニール袋などへ入れて、冷蔵庫で冷やします。(柔らかすぎる場合は、冷凍庫へ入れます)
  5. 2〜3日して、カットしても崩れない程度の固さになったら、カットしてください。
  6. ワインのおつまみや、おやつにピッタリのデザートの出来上がりです。

 

ローフードにこだわりすぎるのではなく、さまざまな食材の組み合わせで無理のない食事が大切です。

次回は、ローフードダイエットにおすすめなレシピをさらにご紹介します。ワンパターンになりがちなローフード調理法ですが、バラエティーに富んだメニューになるようなレシピです!

お楽しみにー♪

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク


記事一覧