ドライフルーツをもっとおいしく食べよう!(アレンジ1)

ドライフルーツの歴史から始まり、ドライフルーツに含まれる栄養素、ドライフルーツに期待できる効果、ドライフルーツをお土産にするならば・・・などなど、ドライフルーツについてご紹介してきました。

そして、今回は、そのままでも十分おいしいドライフルーツを、さらにおいしく食べちゃいましょうー!ということで、♫ ドライフルーツ+α   で楽しめるアレンジ方法をご紹介したいと思います。

簡単なものから手の込んだものまで…いろいろとご紹介していきたいと思います。

普通にパクパク食べるのが当たり前だと思っていた、みなさま、ぜひお試しください!

スポンサーリンク



アレンジ1として、今回は、ドライフルーツヨーグルトをお届けします!

♫ ヨーグルトにドライフルーツをミックスして、ドライフルーツヨーグルト ♫

材料:(1人分)

  • お好きなプレーンヨーグルト 100g(1人分の目安が100gですが、お好きな量で作ってください!)
  • お好きなドライフルーツ お好きな量(ミックスでも単品でも、サンプルを以下に挙げておきます、ドライフルーツ選びの参考にしてみてください)
    • マンゴーのみ
    • マンゴー&パイナップル
    • マンゴー&パイナップル&パパイヤなどのトロピカルフルーツミックス
    • ミックスドライフルーツ
    • 干しいも&レーズン
    • 干しいも&レーズン&マンゴー
    • 干しいも&栗&食べる直前であんこ
    • プルーンのみ
    • プルーン&クランベリー
    • プルーン&ブルーベリー
    • ブルーベリー&いちご
    • キウイ&パイナップル
    • キウイ&ブルーベリー
    • キウイ&チェリー
    • りんご&パイナップル
    • いちじく&プルーン
  • お好きなフレッシュフルーツ
    • アボカド
    • りんご
    • バナナ
    • 缶詰めのフルーツ
    • フルーツゼリーやナタデココなど
  • コーンフレークやナッツ類

最近では、ヨーグルト専用のドライフルーツというのも販売されています!!

また、レーズンが苦手な人もいらっしゃるので、レーズン抜きミックスドライフルーツというのもあります!

作り方:

  1. ドライフルーツを適当な大きさにカットして、ヨーグルトのパックにそのままイン!!
  2. まぜまぜ…まぜまぜ…そのまま冷蔵庫に数時間から一晩放置
  3. ドライフルーツがお好みの固さになったら、容器に移して出来上がり!
  4. 2でミックスヨーグルトは出来上がりですが、さらに細かくカットしたフレッシュ(生の)フルーツを入れたり、ナッツ類を入れてもおいしいです。
  5. コーンフレークの上にかけてもおいしいですよ!

ドライフルーツの甘さにより、最後に甘さを調節してください。甘さが足らない場合は、ハチミツやメープルシロップ、お好きなジャムなどを入れてもおいしいですよ!!

ポイント:ヨーグルトを平らにしておくと上部に浮いてくる水分、乳清(ホエー)派栄養がつまっています。捨てずにそのままおつかいください。そして、このホエーの量とドライフルーツの量により、ドライフルーツヨーグルトの固さが決まります。お好みの固さになるようにドライフルーツの量を調整してみてくださーい!いちじくなど、一粒が大きいドライフルーツを使用する場合は、細かくカットすることで、ヨーグルトの成分のホエーとなじみやすくなり、短時間で柔らかくなると思います。混ぜ込んでおく時間も、お好きな固さになるように調節してくださーい!

このドライフルーツヨーグルトを冷蔵庫ではなく、冷凍庫で数時間凍らせて、フローズンヨーグルトにするというアレンジもあります♫ 詳しくは、「デザートレシピ集(デザート編)」を参考にしてください。

 

ドライフルーツヨーグルト、基本のアレンジをご紹介しました。

さまざまなドライフルーツの意外な組み合わせと共にご紹介しました!!

ヨーグルトとドライフルーツのアレンジを既にご存知の方も、新たなドライフルーツの組み合わせ、フレッシュフルーツの組み合わせ、コーンフレークとの組み合わせなど、新しい組み合わせで試してみてください!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク


記事一覧