ドライフルーツをもっとおいしく食べよう!!(アレンジ4)

ドライフルーツのアレンジ方法をシリーズでご紹介して、今回で4つ目の「ドライフルーツ+α」!

ヨーグルト、コーンフレーク、紅茶とのアレンジ・・・さて、今回の「ドライフルーツ+α」は?

スポンサーリンク



ドライフルーツラムまたはブランデー」で大人の味を演出しちゃいましょうー!

 

材料:

  • お好みのドライフルーツミックス  適量(お好みのドライフルーツでOKです!例えば、レーズン、チェリー、クランベリー、あんず、いちじく、レモンピール、オレンジピール、パイナップルなどなど、色とりどりなし上がりになるような物をチョイスすると、完成品もきれいです!)
  • ラム酒 または ブランデーとのミックス 適量(ドライフルーツが浸かるくらいの量。ブランデーをミックスすると香り高い完成品になるのでおススメです!)

 

作り方:

  1. 全てのドライフルーツを細かく刻みます。オレンジピールやレモンピール、など、クランベリーやいちじくなども大体同じ大きさになるように、カットしてください。イチジクのへたや、レーズンの枝やその他種などは、丁寧に取り除きましょう。
  2. お湯を沸かします。
  3. ドライフルーツを入れるビンは、煮沸消毒して、よく乾かしておいてください。
  4. 細かくしたドライフルーツは、プラスチック製ではない大きめのボウルに入れてください。
  5. 4のボウルに熱々のお湯をかけまわし、ドライフルーツのオイルコーティング、添加物等をきれいに取り除きましょう。(熱湯でボウルもドライフルーツも熱々です、やけどに注意してください。)
  6. 3をざっと混ぜて、ザルで湯切りをして、冷ましてください。
  7. 清潔なふきんやキッチンペーパーなどでキッチリと押しながら水分を拭き取ります。
  8. 水気がしっかりと取れた物をそのままお酒に入れるので、カビが心配な方は、5を一度フライパンに広げて、水分が無くなるまでから煎り、またはラム酒をかけまわして酒煎すると万全です。しかし、ラム酒は、アルコール度が高いので、そこまで心配する必要はないようです。
  9. 水気が無くなったドライフルーツを、3で消毒したビンなどに入れます。
  10. 9にドライフルーツがしっかり浸るまでラム酒、またはブランデー、またはそのミックスを注ぎ入れます。
  11. お急ぎの場合は、次の日からでも使えますが、1〜2週間くらい漬けておくと、風味豊かなドライフルーツのラム酒(ブランデー)漬けが完成します。最初の1週間くらいは、1日1回くらいビンを揺すって、ドライフルーツにお酒がしっかり浸るようにしてください。また、途中でドライフルーツがお酒を吸ってお酒の量が減ってしまう場合は、途中でお酒を足してください。

 

ポイント・1:ドライフルーツはミックスではなく一種類のみのドライフルーツでもおいしいですが、いろいろなドライフルーツをミックスすることで風味豊かなラム酒漬け、ブランデー漬けが出来上がりますので、お試しください。

 

ポイント・2:お好みで、シナモンやナツメグ、クローブなどを入れてスパイスのきいたラム酒(ブランデー)漬けもいいですね!

 

ポイント・3:完成したラム酒(ブランデー)漬けは冷蔵庫で何ヶ月も保存が可能です。漬ければ漬けるほどコクがアップします!!

ポイント・4:ラム酒は、製菓用の小ビンの物ではなく、カクテルなどを作る大ビンで売っているサイズを購入したっぷり使ってください。

ポイント・5ドライフルーツのオイルコーティングを取り除く作業を丁寧に行うことで、おいしい仕上がりになります。この作業を省いてしまうと、ドライフルーツにお酒がしみ込まないばかりか、ドロドロとしてお酒の色が濃くなり、香りも風味もイマイチな出来上がりになってしまいます。

 

クリスマス前の完成を目指して、クリスマスにはこれを使っておいしいシュートレンを作ってください。また、クリスマスに限らず、このフルーツ漬けを使ってフルーツケーキ大人の味を作ってみませんか?

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク


記事一覧