ドライフルーツをもっとおいしく食べよう!!(アレンジ5)

ドライフルーツの簡単アレンジ方法をご紹介しています「ドライフルーツをもっとおいしく食べよう!!」シリーズも、今回で5回目です!

さて、今回の「ドライフルーツ+α」は・・・?

スポンサーリンク



ドライフルーツ手作りパン」をお届けしまーす!!

ホームベーカリーがあるご家庭は、おそらく何度かはお試しされている、ドライフルーツパン作りですが、今回は、ホームベーカリーがないご家庭でも、作っていただけるようなレシピをご用意いたしました。

パン作り初心者の方も、失敗が少ない簡単手作りパンですので、ぜひお試しください!!

 

♫ ドライフルーツで簡単フランスパン作り ♫

材料:(6個分)

  • 強力粉  120 g
  • 薄力粉    80 g
  • 塩   小さじ1/2
  • ドライイースト 3g
  • お好みのドライフルーツ 50 g 程度
  • 水   130 ml
  • 打ち粉(強力粉) 少々

作り方:

  1. 水と打ち粉以外の材料を全てボールに入れ、ヘラなどを使いよくかき混ぜます。
  2. 全体がよく混ざったら、ボールに水を入れて、再びよくヘラで混ぜ合わせます。
  3. 粉っぽさが無くなったら、生地をひとまとめにして、常温で30分放置します。このとき、生地の表面が乾燥しないように、生地にぬれ布巾などをかけておいてください。
  4. 30分後、ヘラで中心に向かって折り込むように、生地をかき混ぜ、再びぬれ布巾などをかけ、3〜4時間、常温で放置して生地を発酵させます。
  5. 3〜4時間後に、生地から気泡が出てくるくらい発酵してきたら、打ち粉を敷いた天板に生地を広げましょう。
  6. 広げた生地を、だいたい同じくらいの量になるように、6等分し、お好きな形に形成しましょう。完成品にキレイなクープが入るように、長細い楕円形になるような形に形成すると、焼き上がりが小さなフランスパンのようにし上がると思います♪
  7. 形成する時は、生地に出てきた気泡をなるべくつぶさないように、中心に折り込むように丸めてください。
  8. 形成した生地をオーブンシートにのせて、ぬれ布巾をかけて、そこから常温で40分発酵させてください。
  9. その間にオーブンを210℃にセットして予熱をスタートします。
  10. 40分の発酵が終わったら、生地に強力粉を振り、生地の中心にクープを入れ、お好みで少量のバターをはさみます。バターをはさむことで、キレイにクープが開きます。
  11. 準備できた生地を、210℃で予熱をしたオーブンで20分間焼いて、完成です。

 

ポイント・1:手順5番目の3〜4時間後の発酵の見極めのポイントは、生地から気泡が出ているかどうかです。気泡が確認できないようでしたら、生地をもう少し長くおいて発酵させてください。

ポイント・2:ドライフルーツの糖分により、お砂糖を加えた方が発酵がスムーズに進むことが考えられます。また、気温や湿度によっても、発酵の進み具合も変わります。

ポイント・3:使うドライフルーツは、洋酒漬けなどになっていない物を使ってください。また大きな粒のままですと、生地とも混ざりにくい上、焼き上がりの見た目もキレイに仕上がりません。大きな粒の場合は、細かくカットしてから、お使いください♪

ポイント・4:強力粉と薄力粉の分量を変えたり、フランスパン専用の粉を使ったり、ライ麦粉入りの粉を使ったり、お水の替わりに牛乳を使ったり、使うドライフルーツの種類を変えたりして、オリジナルのパンを作ってみてください!

ポイント・5:ドライフルーツの組み合わせを変えることによって、いろいろな味を楽しめるのが手作りパンの楽しさですが、ドライフルーツの種類を変えるだけでなく、クリームチーズや、ナッツ類を入れてもさらにアレンジが楽しめますので、お試しください!!

 

♪ パン作り初心者の方も、一度成功すれば、それほど難しいと感じることなく、お手軽にパン作りを楽しめることと思います!失敗してしまったご経験のある方は、おそらく、発酵終了のサインに気がつかなかったという失敗が原因だと思います!このコツさえ掴めば、パン作りは誰でも簡単においしいパンが焼けると思いますので、ぜひ何度かチャレンジして、おいしいドライフルーツパンを作ってみてください ♪

 

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク


記事一覧