ドライフルーツをもっとおいしく食べよう!!(アレンジ6)

ドライフルーツのアレンジ方法をご紹介して、今回で6回目!

さて、今回の「ドライフルーツ+α」は・・・?

スポンサーリンク



ドライフルーツバター」です。簡単にドライフルーツとバターを混ぜてお手軽に作る方法もありますが、今回は、ちょっと豪華に、さらにおいしく作る方法をご紹介しちゃいまーす!

 

アレンジ4)で作ったドライフルーツのラム酒漬けを使って、作れちゃう、リッチでクリーミーな、ドライフルーツバターですので、ぜひお試しください!!

 

材料:

  • 有塩バター                                            150 g
  • お好みのドライフルーツ                      70 g 程度
  • お好みのナッツ類                                20 g
  • マスカルポーネチーズ                              40 g
  • 生クリーム(脂肪分45%以上のもの) 大さじ2杯
  • ホライトラム                                          30 ml

 

作り方:

(下準備1):「ドライフルーツをもっとおいしく食べよう!!(アレンジ4)」で作ったドライフルーツのラム酒漬けを参考に、ドライフルーツの準備をしておきます。最低でも3時間はラム酒に漬け込んだドライフルーツを使いましょう。

(下準備2):ロースされていないナッツ類を使う場合は、170℃の予熱なしのオーブンで7分程度ロースとして細かく砕き、冷ましておいてください。

(下準備3):バターは30分程度室温において、柔らかくしておいてください。

 

  1. ボウルに室温に戻して柔らかくなったバターを入れ、クリーム状になるまで泡立て器などで混ぜます。
  2. クリーム状になったバターに、マスカルポーネチーズと、生クリームを加えて、分離しないようによく混ぜ合わせます。
  3. バターが均一にまざったところで、ペーパータオルなどでしっかりと水気を切ったドライフルーツと、冷めたナッツ類を加えて、ゴムべらでよく混ぜ合わせます。
  4. 3の生地をラップやアルミホイル、またはクッキグンシートに直径が3cmほどの棒状になるように形を整え、冷蔵庫で2時間以上休ませます。
  5. 冷蔵庫で冷やして2時間経ったら、棒状のバター生地をお好みの大きさにカットして、出来上がりです。

 

ポイント・1:今回は有塩バターとマスカルポーネチーズを使いましたが、クリームチーズとミックス、またはクリームチーズとドライフルーツを混ぜてもおいしいですよ!

 

ポイント・2:レーズンバターがお好きな方は、レーズンをメインにおつかいになるかと思いますが、いくつかのドライフルーツと組み合わせる場合は、他のドライフルーツよりもレーズンの風味が強いので、細かく切る、量を調節するなどお好みの味となるように工夫してみてください。もちろん、レーズンなしでオリジナルのドライフルーツバターでも、十分風味豊かなドライフルーツができます!

 

ポイント・3:フランスパンなどにつけて食べるのはもちろんのこと、クラッカーや、ホットケーキにも添えてみてください!!クラッカーと一緒にワインのおつまみとしても相性ピッタリです!

 

ポイント・4:ドライフルーツのミックスだけではなく、お使いになるナッツも一種類だけではなく、アーモンドやピスタチオ、クルミなど、数種類のナッツを組み合わせて風味豊かなドライフルーツバターを作ってみてください♪

 

レーズンバターがお好きな方にはもちろんのこと、レーズンが苦手だけれど、いつものバターよりも風味豊かなバターがあったらなと思ったら、このドライフルーツバターをお試しください!!バターとドライフルーツを混ぜるだけのお手軽ドライフルーツバターもありますが、マスカルポーネチーズと生クリームを加えて、バターよりも少し軽めで、よりクリーミーな仕上がりになると思います♪ホットケーキやワッフルなどの甘いデザートから、塩味がきいたクラッカーにもオススメな一品です!!

♪ いつものバターとはちょっと違う、おしゃれでカラフルだけではなく、風味豊かなドライフルーツバターをぜひお試しください ♪ 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク


記事一覧